太陽光発電を取り入れる事でオール電化に【ミライノクラシ】

通行を安全に

屋根の修理

でこぼこ道は危険です

工場内では、大型車がたくさん通る場合があります。特に納品、出荷の際に、大型のトラックを使用する場合は、特に注意が必要になってきます。10t、20tといった重い車両がアスファルト舗装している上に何度も、通っていくうちに、重みに耐えかねてでこぼこになってくるのです。一見わかりにくいものですが、車輪の硬いリフトなどで通行すると、その傾きが実感できるものです。このまま高速走行をしていると、場合によっては横転しかねない状態になります。そういった状況で夏場を迎えると、地面が熱くなっていることで、さらに歪みが発生してきます。そして冷えたころには、さらにでこぼこができるという悪循環に陥ってしまうため、対策が必要になるのです。

しっかりとしたアスファルト舗装

こういった状況になってしまっている場合、応急処置としては、暑い日となることが予想されているときには、前もって散水することが効果があります。冷たい水で冷やすことができるだけではなく、蒸発するときの気化熱でさらに効果をもたらしてくれるわけです。これで、重いものが上部を通ったとしてもアスファルト舗装へのダメージをずいぶん軽減することができるわけです。しかし、こういった対策はあくまでも応急的なものであり、その場しのぎといった感が否めません。やはり、できる限り、熱に強いアスファルト舗装を採用することが重要になってきます。アスファルト舗装でも場所ごとに適した施工方法があるため、専門業者に相談することが解決の近道といえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加