太陽光発電を取り入れる事でオール電化に【ミライノクラシ】

シャッターを電動化

工事現場

倉庫などのシャッター

自分の所持する倉庫、または倉庫を借りていてシャッターが電動化されている場合の注意点などを少し見ていきたいと思います。倉庫などで車ごと倉庫内に入ることもあると思いますが、シャッターが電動化されている場合は注意が必要です。電動化されていないシャッターを利用する場合などは車から一旦降りてシャッターを開けると思いますが、電動シャッターの場合はリモコンなどによる開閉ができますので、車にのったまま開閉を行うことができます。てすので、シャッターが完全に開く前に車を入れようとしたり逆に、閉まっている最中に車を出そうとしてりと車がぶっかって壊れてしまうおそれもあります。感知して停止する場合でも車に接触してしまうこともあるので注意が必要になってきます。

電動化されている場合

電動化されたシャッターの場合に知っておくと良い情報やテクニックについて少し書いていきたいと思います。電動化されていないものに関しては自ら開閉を行いますが、電動化されているシャッターの場合は使用するにあたって電気を利用しています。電動化されている場合は、されていないものに比べて定期的な点検などのメンテナンスが必要になってきます。大きく違うのは電気を利用していることなのでそれをしっかりと理解して知っておくと良いかと思います。電動化されたシャッターはリモコンなどによる操作で重たいシャッターなども簡単に開閉できるので、車から降りる手間も省けてとても便利です。電動化ということをうまく利用すれば作業効率も上がります。

このエントリーをはてなブックマークに追加